餅屋LGTM

餅つきのあとの静けさ

そうだ、京都へ行こう(名シーン編)

京都旅行のおおまかな話は前の記事で書いたので特に印象に残ったことなどを書こうかなと

ラーメン博物館まで

KOBA789の運転で首都高を抜けYOKOHAMAへ
横浜で夕飯にするのは最初から決まっていたことなので湾岸線羽田空港あたりで夕飯を探すことに、話し合いの結果お題はラーメン。自分とかぶおじさんの「Hey Siri vs Ok Google」対決はSiriの勝ち*1一路ラーメン博物館へ
ラーメン博物館は雰囲気が良くて全員どハマり。直感ですみれに入る。うましf:id:umaz1051:20161204185658j:plainf:id:umaz1051:20161204185704j:plain

多賀SAまで

横浜を出発すると早速渋滞にハマる。東名に乗ってからは順調に進む。しかし遠い、ただ単に遠い。静岡長い。

  • 23:30 駿河湾沼津SA着
  • 25:20 浜松SA着 ここで多賀SA到着を諦め寝る方法を探しだす。しかし浜松は寝るのには不十分とりあえず先に進むことに
  • 26:30 岡崎SA着 自分はまだ高速で運転していないのでこの間多賀まで進むために車内で仮眠を取った。想像通り岡崎も睡眠には不十分
  • 28:12 多賀着東名の洗礼を浴びながらも無事到着することに成功した

多賀SAにて

京都市

京大生との待ち合わせで四条河原町を指定された我々は周辺でコインパーキングを探す。しかし四条河原町は京都の繁華街、高い。一本入ったところにはそれなりに安いパーキングもあるのだが一通地獄その上人が多くとにかく神経を使う。高速道路とはいかに走りやすいものだろうと思う。 狭い道ももちろんだが大通りも最悪で、左車線が路駐で埋まっていたり3車線中2車線が右折レーンになったりしている。そのためバスやタクシーが無理やり車線変更してくることも多い。つくばの道はとても走りやすいことがわかる

京都大学

そしてやってきた京都大学。まず目に入るのは立て看板

いい。筑波にも欲しい。

そしてなんと言っても学食が正解だった。営業時間は8:00〜21:00。この時点で正解。
実は値段についてはめちゃくちゃ安いというわけではないが、早いし美味い。29日の昼は中央食堂入ったが、京大の学食は北に行くほど美味しいらしいとのことなので30日の朝は北部食堂に行くことにした。
この北部食堂の朝食が良くて、おかずを300gまで自由に盛ることができるのである*2。そしてどれも美味い。筑波大学は一刻も早く京都大学を見習い学食を改善して欲しい。

また、京都大学には門があり、敷地が塀で囲まれており、適当に歩くと外に出ることができた。どれも筑波大では経験することのできない貴重な体験だった。

百万遍の交差点

まじで百万回くるから百万遍なんじゃないかと思うくらい来る。

貴船神社救出大作戦

[京都 夕飯 最強 ワザップ]で検索してもいい感じの夕飯が出てこなかった我々は一路大阪を目指すことにした。 大阪への行き方を調べながら白川通を下っているときに後輩からLINEが来る

貴船の山奥で終バスを逃して孤立してしまったんですが、

??

状況を理解するのに2分ほどかかったがどうやら貴船の山奥で終バスを逃して孤立したらしい。
とりあえず後ろの3人を京大生ハウスに置いて迎えに行くことに。
行ってみてわかったがたしかに何もない2ヶ月前に夜昇仙峡に行ったときのことを思い出す。
とりあえず乗っけて市街地まで運びみんなと合流し夕飯へと向かった。

今思えばこの時点で疲労は限界に達していたので大阪に行けなくて良かったと思う。それにしても京都まで車で来るなんていうアホなことが他の人の役に立つとは思わなかった。

因みにこの翌日札幌で飛行機を逃す事件が発生するのだがそれはまた別の話

旅行の宿は当日に取れ

宿については当日まで「京大生ハウスでいいっしょ」などと言っていたが6畳に5人は厳しさがあったので宿を取ることに。 Booking.comで安い順に並び替えると、75%OFFなど当日の捨て売り価格でそこそこの数の部屋が売られている。
結果1人あたり2200円程度*3と格安で宿泊することに成功した。 泊まったのはシャトレーイン京都安かろう悪かろうではなく普通に泊まれば1人あたり1万円くらいはするだけに立派な宿でした。

1年前の山梨旅行でみさき荘に泊まった時も前日に宿を取ったが、やはり大人数での旅行でなければ、当日または直前に宿を取るのが一番かなと思う。

帰路

全員に疲れが見える中、帰りの途中から雨が降り出し、運転が安定しなくなってきたがなんとかつくばまで帰ってくることができた。
京都にいる間はほとんど雨が降らなかったのには本当に恵まれていたと思う。

まとめ

京都に来たのは中学3年の修学旅行以来だったが街並みはほとんど変わっておらず、流石だなと感じた。
駅伝のために走った鴨川沿いの道も、金閣寺で売っている抹茶も、清水道すぐのところにある八ツ橋やさんも何も変わっていなかった。(店員は変わっていたが) そんな懐かしさを感じながらめぐった京都でしたが、当時は一番つまらなかったと評した銀閣寺でいいなぁなんて感傷に浸っていたりと6年前と変わらない景色の中で6年前と多少変わった自分を見ることができました。

また、京都まで車で行く中で、深夜の東名、新東名を走ったが、延々と続くトラックにも驚かされました。日本の物流を垣間見た感じです。

何はともかくめっちゃ疲れて*4めっちゃ楽しかったのでまた京都を始めとしていろんなところにふらっと旅行に行きたいです*5*6

*1:とはいえGoogleの検索結果が表示されたので実質Googleの勝ち

*2:300gを超えた場合は1gあたり1.08円追加

*3:4人で9000円

*4:半日くらい吐き気のない車酔いのような症状が続いた

*5:お金ない

*6:車でとは言っていない